お中元とお歳暮の違いとは?

お中元とは?

お中元は年頭から半年間お世話になったお礼として贈ります。贈る時期として、東日本では7月上旬~15日、西日本では7月中旬~8月15日となっています。

お歳暮とは?

お歳暮は1年間お世話になった感謝の気持ちを込めて贈ります。贈る時期は、東日本では11月下旬~12月中旬ごろがほとんどです。一方西日本では、12月中旬~20日前後となっているところが多いです。

開店祝いやお中元を大切な人へ贈りましょう

リボン

お中元の意味と由来

お中元の「中元」とは、道教の「三元」(上元・中元・下元)のひとつであり、陰暦7月15日が該当します。また、同じ日である仏教の「盂蘭盆会」と一体化され、先祖の霊を供養する日になりました。さらに、この時期には、お世話になった人に贈り物をすることが習慣になっています。

お中元を贈るタイミング

お中元を贈る時期には諸説がありますが、東日本のほうが早い傾向がみられます。ただし、それぞれの地域の習慣に合わせることが大切です。もし、お中元の時期を過ぎた場合は、立秋(8月7日頃)を目安に「暑中御見舞」「残暑御見舞」として贈りましょう。

お中元の金額目安

お中元の相場は3,000~5,000円です。友人や知人には2,000~4,000円の品、両親や親戚などには5,000円前後の品が目安になります。特にお世話になった人には5,000~10,000円の品を贈るとよいでしょう。なお、お歳暮の金額よりは抑えることが一般的です。また、お中元を贈らずに、お歳暮だけで済ませることも可能です。

お中元に人気の贈り物TOP5

no.1

飲み物の贈り物

暑い季節は、お酒やジュースなどの飲み物ギフトが喜ばれます。ラベルに名入れができる日本酒やワインなども人気です。

no.2

スイーツの贈り物

アイスクリームやゼリーなどの冷たいお菓子が重宝されます。また、季節のフルーツや焼き菓子などを選んでもよいでしょう。

no.3

グルメの贈り物

ハムやソーセージ、高級肉はグルメ通にはうれしい贈り物です。海鮮グルメ、おつまみ・お酒セットなどを選んでもよいですね。

no.4

食器の贈り物

タンブラーやビールジョッキに名入れで贈る方法があり、ビール好きの人にはおすすめの贈り物です。ほかにも、琉球ガラスを選ぶと涼しさの演出に役立ちます。

no.5

入浴を楽しむ贈り物

よい香りのする石鹸のほか、かわいいタオルやバスタオルがあると、入浴タイムが楽しくなります。暑い時期を乗り越える贈り物としておすすめです。

お中元のお返し方法

お中元が届いたら速やかに「お礼状」を出しましょう。ただし、お中元をいただいても、必ずしもお返しをする必要はありません。もし、お返しをするなら、いただいた品の半分くらいの金額のものを目安に選びます。のし紙には「お中元」と書くのが一般的です。

広告募集中