アトピーと食品の関係性|食べ物で症状を緩和することが可能

容器と錠剤

肌荒れを治す方法

笑顔の女性

間違った誤解

現代人が悩んでいるものにアトピーがあります。ただ、それを治す最善の方法は何もしないことなのです。アトピーとはそもそも、体内の大掃除で不要なものを外に出す仕組みです。肌にも排出機能があるのです。多くの人が間違っているのが、なにか保湿効果のあるものを使用することです。通常肌というのは28日周期で生まれ変わるものなのですが、そこに保湿剤をつけたりすると、それがフタをして肌が生まれ変わることができなくなります。ようは、自然体が一番だということです。次に大事なのがストレスをなくすことです。ダイエット中の方などは、食事制限がストレスになったりします。アトピーを治すうえでも、食べ過ぎないことや和食を摂るように心がけることは重要なことではあるのですが、そこばかり注目しすぎるとかえってストレスになってしまいます。ですから、しなければならないという思考はオススメしません。

完治するまでの心構え

アトピーを発症する人は、まじめな方が多いです。ただ、あまり自分に厳しくするとストレスでさらにアトピーを悪化させることになりますので注意です。あくまで、自分に最適な食生活や生活リズムを見つけることが大事なのです。そして、痒いときは掻いても良いのです。これは、掻くことで肌はいらないものを外に出しているからです。肌を掻こうが、体には自然に治してくれる機能があります。また、アトピーは病院で治してもらうものでもありません。薬ではアトピーは完治しません。体には本来自然治癒力が備わっているので、自分で治そうとすることが重要なのです。まずは、「治してもらう」という思考から、自分で「治す」思考へと変えることが大事です。そして、食事は腹七分を意識し、適切な運動を心がけることです。それと、排泄機能を向上させることで、肌における排出、つまりアトピーを減らすことにつながります。