アトピーと食品の関係性|食べ物で症状を緩和することが可能

容器と錠剤

自分でできること

背中を掻く女性

紫外線を避けるには

アトピーの人が症状を悪化させないために、自分でできることがあります。それは、紫外線を避けるということです。アトピーではない人にとっても、紫外線は肌へ悪影響を与えます。バリア機能が弱っているアトピーの人にとっては、紫外線はより一層の悪影響を与えることになります。紫外線が強い時間にはできるだけ外出をしない、というのがよいのですが、なかなかそうもいきません。そこで外出するときには、帽子をかぶったり日傘をさすなどして防ぐことが大切です。つばが広い帽子でUV効果があるものでデザイン性のよいものも、たくさん売られるようになりました。日傘も同様に機能と見た目にこだわられた商品が販売されています。

食べ物や飲み物

アトピーが食べ物や飲み物で症状が軽くなることもあります。いつも食べ過ぎてしまうものをやめてみることで、何が症状を悪化させやすいのか気づくことができます。チョコレートを毎日食べ過ぎているなら、おもいきってチョコレートを食べない生活をしてみます。数日でアトピーの症状が軽くなったら、チョコレートを食べ過ぎていたのだと気付くことができるでしょう。それからは食べる量をコントロールしていくことによって、症状が軽い状態を維持することが可能です。一方、食べ物や飲み物を加えてみるというのもひとつの方法です。肌によいとされている青汁を飲んでみてアトピーの症状が軽くなり、自分の肌に合うということがわかったら。それからは青汁を継続して飲むことによって、症状が軽い状態を維持することができるようになります。