アトピーと食品の関係性|食べ物で症状を緩和することが可能

容器と錠剤

肌に起きるアレルギー

水を飲む女性

対策は必須

アトピーはかゆみのある湿疹を繰り返す皮膚の病気で、顔にも体にもできます。乳幼児からなる人も多く、子どもはかゆみがあると掻いてしまう子が多いので大変だと思います。子どもでも大人でも顔にできると嫌なものだと思いますが、アトピーには原因があるので症状の改善や軽減をすることは可能です。アトピーになりやすい人はもともとアレルギー体質であったり、皮膚のバリア機能が弱いことが多いとされます。アレルギー反応や肌が弱い場合は、刺激物やスキンケア用品に注意した方が良いと思います。アレルギー反応を起こすものにはハウスダスト・紫外線があり、掻くことも刺激になります。ハウスダストへは掃除と換気、紫外線は避けて通れないこともあると思うので優良な日焼け止めクリームを探しましょう。掻くことは、肌が弱い人でなくともあまりやらない方が良いことです。スキンケア用品に関しては現代の美容進歩により敏感な肌の人でも使えるものがあるので、活用しましょう。また汗などもアトピーの原因になり、肌を清潔に保つことも大切です。

原因はいろいろある

かゆみのある湿疹は、顔・耳・首・脇・手足関節といった場所にできます。赤みがあり、掻くと水が出たり皮がむける肌質になります。湿疹の発生を繰り返すことが、大人では6ヵ月ほど続くと慢性となります。乳幼児では2か月です。アレルギー体質・肌が弱い場合になりやすいとされ、親族の中に花粉症などのアレルギー体質である人がいるとなりやすいともいわれています。遺伝的な原因もあるようですが、生活の中で対策を行うことで改善・軽減は可能です。外部刺激への対策も重要ですが、免疫力にも意識してみましょう。免疫力を高めることで、アトピーや花粉症を含めたアレルギーに効果的だとされます。また、免疫力は腸内環境が関係しているともいわれるので、食事も健康的にすると良いと思います。最近だと、腸に良いことで有名な乳酸菌がアトピーに効果的だと言われています。幸い乳酸菌はヨーグルトなどで簡単に摂り入れることが出来る他、サプリメントも販売されており比較的簡単に摂取することができます。アトピーの改善に悩んでいる方は、まず乳酸菌で腸内のリフレッシュから挑戦してみましょう。