贈るタイミングが重要な開店祝いのギフトについて

贈るタイミングが重要な開店祝いのギフトについて

ギフト

開店祝いを贈るタイミング

開店は、新たな人生の船出となる大きな出来事です。開店祝いを贈るときは、相手をお祝いする気持ちを込めて品物を選びましょう。開店祝いとしてお花があると華やかになります。その場合、セッティングしてもらえる業者に依頼することも考えましょう。開店祝いを贈るタイミングも大事です。開店前後は忙しいため、相手の事情を把握したうえで、負担にならない日時を選ぶ必要性がでてきます。そのためにも、贈る品の可否も含めて相手に確認しておきましょう。ちなみに、贈るタイミングとして、開店日の1週間前~前日がよいとの説もあります。

開店祝いの金額目安

開店祝いの金額を決めるときは、その人との付き合いの深さが目安になります。今後も良好な関係を保つためにも、少し多めにすることがポイントです。友人や知人にお祝いを贈るときは、5,000~10,000円の品物を選びましょう。取引先に贈るときは10,000~30,000円ですが、重要な取引先の場合は30,000~50,000円を目安におすすめします。なお、自分より目上の人に現金を贈ることは失礼に当たりますが、開店祝いの場合は贈っても差し支えありません。現金を包むときはのし袋(紅白の蝶結び)を使い、「御祝」「御開店御祝」と表書きをします。

開店祝いと開業祝いの違い

開店祝いとその対象は?

新しくオープンしたお店へお祝いの品物を贈る場合は「開店祝い」になります。こちらには、消費者を対象とした小売業やサービス業の運営店舗が該当します。食料品店や書店など、いろいろなお店がありますね。

開業祝いとその対象は?

友人や知人などが、その場所で業務を始めるときは「開業祝い」としてお祝いを贈ります。開業祝いには「業務のスタート」の意味もあります。また、病院やクリニックなどを始める場合は「開院祝い」になります。

広告募集中